病気を治す乳酸菌とは?

腸内には善玉菌と悪玉菌が生息していますが、悪玉菌の割合が多い状態になると腸内環境が乱れ、便通に支障が出たり、体調不良などの原因になることがあります。
そのために善玉菌を増やすために、乳酸菌が含まれている食べ物の摂取を積極的におこなうことが良いとされています。
乳酸菌は腸内でさまざまな良い働きを行っています。
例えば腸内の働きを活発化させて便秘を改善させたり、病原菌が増えるのを抑え、免疫機能をアップさせたり、コレステロールを減少させたり、アレルギー症状を改善させるなど、どれも重要な役割を担っています。
整腸作用が整っている状態ならば、体内の老廃物排出もスムーズになるのでダイエットの効果大きいですし、風邪などの病を予防する効果も高めるなど、乳酸菌を体内に多く摂り込むことで、健康的な状態を保てることが期待できます。
そのため、乳酸菌が含まれている味噌や醤油を使った料理やヨーグルトなどを、毎日摂ることをおすすめします。

乳酸菌の種類とその働きとは

乳酸菌にはさまざまな種類があり、一説によると数百種類にも及ぶと言われています。
その中でも私達人間の腸内に住み着いている乳酸菌は百種類以上。
そんな乳酸菌の代表として挙げるとするならばビフィズス菌、フェカリス菌、ラブレ菌でしょう。
ビフィズス菌は一番ポピュラーな乳酸菌。名前も良く聞く機会も多く、最も身近に感じる善玉菌のひとつ。
ビフィズス菌は腸内環境を整えるとともに、アレルギー症状の緩和、免疫力のアップ、貧血予防、コレステロール値を低下させるなどの働きを持っています。
次にフェカリス菌は他の乳酸菌と比べ分子がとても小さいことが特徴。
そのため他の乳酸菌と同じ量を摂取したとしても、より多くのフェカリス菌を体内に取り込むことが出来ます。
腸内環境の改善やアレルギー症状の緩和、美肌効果など乳酸菌が持つ働きを持っていますが、なかでも免疫力をアップさせる効果に長けていると言われています。
そしてラブレ菌は私達日本人にとってとても接点の深い乳酸菌のひとつ。
その理由は、このラブレ菌は漬物から発見された乳酸菌だから。
漬物から発見されたと言われるラブレ菌は、塩分にとても強い植物性善玉菌です。
そのため、他の乳酸菌では腸に届くまでに死滅してしまう過酷な環境下においても腸内に届き、その効果を発揮してくれます。
ラブレ菌も腸内環境を整える乳酸菌特有の働きを持っていますが、その他の乳酸菌が有効に働きのをサポートする効果もあると言われています。

乳酸菌とインフルエンザ

毎年、冬場になりますと流行するのがインフルエンザ、それの予防に役立つのが乳酸菌です。意外にや知られてないかも知れませんがここ数年の研究でどうやらインフルエンザに効果があるとわかってきました。
乳酸菌は体の所々に存在し腸内はもちろんんこと膣内にも存在します。腸内の乳酸菌に免疫系の一つ、白血球が鍛えられそして体内を循環します。
乳酸菌を普段から摂取している人はインフルエンザをはじめ他のバクテリアにも有効です。赤ちゃんは産まれようとする時は全くの無菌状態ですが膣内を通って外に出る時に膣内の乳酸菌を顔中なすりつけられることに自然と口内に入っていくのです。
実は乳酸菌にもいろんなタイプがあります。その中でも乳酸菌1073R-1株というのがどうやら特にインフルエンザに効果があるらしいとわかってきました。段々と研究が進めばまたいろんな事が分かってくるでしょう。

腸内フローラの形成には欠かせない乳酸菌

腸内環境が良くなると病気のリスクが減ると言われています。
健康な毎日を送るためにも、腸内環境を整える食事を行うことが大切です。

腸内環境を整えるためには、乳酸菌を摂って善玉菌を増やして、悪玉菌を減らしていくことが必要です。
乳酸菌は生命力が強く、腸まで届く乳酸菌を摂る必要があります。

乳酸菌には動物性のものと、植物性のものがあります。
植物性乳酸菌は生命力が強く腸まで届き、腸内環境を良くするために活躍してくれます。

日本では昔から多くの植物性乳酸菌の元である発酵食品を食べてきました。
味噌や醤油などの調味料や、納豆や漬物などは、発酵食品の代表的なものです。

発酵食品は塩分が気になりますが、上手に毎日の食生活に取り入れて、植物性乳酸菌を摂っていくようにしたいものです。

乳酸菌を摂取して免疫力を上げる

現代では疲れやストレスなどから日常的に疲れやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまっている方が多くいます。このような方達は栄養ドリンクを飲んだりサプリメントを摂取するなどして日頃から対策を行っている場合もありますが、サプリメントなどにたよらずに乳酸菌を摂取することが大事です。
なぜなら人間の免疫システムをコントロールしているのは腸だからです。腸は体内に入ってきた栄養分を吸収していますが、同時に細菌やウイルスなど体にとって害があるものは体の外へ排出してくれる役割があります。
そこで腸にとってその役割を果たすために必要な善玉菌が多く必要になることから、できれば毎日乳酸菌が入った食べ物を食べて腸内環境を良くすることが大事なのです。そうすることで体の免疫力が上がり病気にかかりにくくなったりするなどの効果が期待できます。

乳酸菌を美容のため取りたいと思っています。

おいしく乳酸菌を摂取したい場合はヨーグルトでしょう。スーパーやコンビニエンスストアではたくさんの商品が販売されているので、飽きることなく摂取できるのではないでしょうか。他の食品ですと、キムチやチーズも一般的です。牛乳は製法によって乳酸菌が死滅していることが多いので、乳酸菌摂取目的で飲む場合は、商品を吟味する必要があります。
前述の食品よりもっと手軽で、日持ちするものから摂取したい場合はサプリメントでしょう。森下仁丹の商品「ヘルスエイド ビフィーナ」が人気のサプリメントとなっています。この商品は乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖がまとめて摂取できます。乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂ると、善玉腸内細菌を増やす効果もあるのでこの商品は効率的に乳酸菌の効果を得ることができると思います。

乳酸菌はアレルギーや花粉症に効果がある?

いまや多くの人が悩まされている花粉症ですが、この花粉症に対する特効薬はまだ開発されていません。しかし、最近では乳酸菌が、アレルギーに対して有効であると判明し、これによって花粉症にも効果を発揮するのではないかと言われています。
乳酸菌とは、私たちの腸内にいる腸内細菌のことで、整腸作用があるということが主に知られていますが、この他にも免疫機能を整えてくれたりもするので、アレルギー物質に対して過剰に反応するという状態を和らげてくれる効果があります。
また、善玉菌でもある乳酸菌が減少してしまうと、悪玉菌が増えることになります。そうなると、免疫力が落ち、花粉症などのアレルギーを引き起こしてしまうのです。
乳酸菌は花粉症に対して即効性があるわけではありませんが、効果はあるので、毎日摂取することが好ましいです。

乳酸菌を摂ると風邪を引きにくくなるか。

腸内環境のバランスが乱れると、体の免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。そこで、乳酸菌を摂取すると体の免疫力が上がり、風邪を引きにくくなるのです。
私たちの腸内にいる善玉菌と悪玉菌が免疫機能に大きく影響を与えており、悪玉菌ではなく善玉菌を増やすことで、免疫機能を高めることができます。
そしてこの善玉菌を増やすには、乳酸菌がとても大切です。乳酸菌を摂取することで、腸内環境が整って免疫機能が上がり、更には悪玉菌までも抑えてくれます。このことによって、体の中にウイルスや細菌が侵入したとしても、それに耐えることのできる体になることができるのです。
風邪に対しては免疫力を上げることがとても重要なので、日頃から乳酸菌を摂取することを心がけておくと良いです。

乳酸菌が多く含まれている食べ物とは?

乳酸菌とは、腸内で働く善玉菌のことです。この乳酸菌を増やすには、善玉菌を多く含む食品や、悪玉菌を退治してくれる納豆菌を摂取することが大切です。
乳酸菌を多く含む食品とは、ヨーグルトが最も代表的です。また、チーズにも多くの乳酸菌が含まれています。
そして味噌にも乳酸菌が含まれていますが、これは植物性乳酸菌といって、生きたまま腸に届くという優れものです。この植物性乳酸菌は、ぬか漬けにも含まれています。
そして、最近よく耳にする塩麹にも多くの乳酸菌が含まれています。また、キムチにもヨーグルトに匹敵するくらいの乳酸菌が含まれています。
そして、納豆を食べることによって悪玉菌を退治し、この納豆菌が腸内にいる善玉菌の数を増やしてくれます。

乳酸菌には病気を治す効果があるのか?

健康な体を作るためには、腸内改善をすることが大切だと言われています。その中でも、乳酸菌である善玉菌を腸内で増やすことがとても大切です。加齢と共に腸内から乳酸菌の数も減っていくので、増やしてあげなければなりません。
乳酸菌は、腸内の腐敗を抑えて免疫力を上げ、病原菌から守ってくれる働きをします。ですから、病気にかかりにくい体質になることができるのです。
ヨーグルトなどのように乳酸菌を含む食品を摂取すると、割とはやくに便通がきますが、これは善玉菌によって食べ物のかすや不要な菌の死骸が外に出されて、腸がきれいになっている証拠なのです。
また、これとは反対に悪玉菌には病気の原因となる有害細胞などを育てる働きがありますが、乳酸菌にはこの悪玉菌を退治してくれる働きがあります。
このように、全体的に見ても、乳酸菌の摂取は病気にかかりにくい体を作ることにつながっているのです。

内臓脂肪を減らす乳酸菌サプリメントとは?

美容・健康に関心が高い人の間で好評の製品の一つが、乳酸菌サプリメントです。
中でも人気の製品の一つが、ライオンのナイスリムエッセンス・ラクトフェリンです。
この製品は日本国内の大手メーカー、ライオンが独自研究開発の製品です。
同社は医薬品やヘルスケア製品の老舗メーカーでもあり、特に研究開発の高い技術と成果があります。

ラクトフェリンは、多機能タンパク質成分です。
母乳や牛乳などに多く含まれます。
最大の機能が、免疫力を高める機能です。
また、ビフィズス菌の増殖効果もあります。
またラクトフェリンには鉄分と結合という性質があるので、貧血予防効果もあります。

ライオンの同製品の特徴が、充分な強度のコーティングです。
ラクトフェリンは、普通に摂取しても胃で溶けてしまいます。
ですが、同製品は食品成分によるコーティングがされています。
このため、ラクトフェリン成分が胃で溶けずに腸まで届きます。

乳酸菌はとりすぎても大丈夫か?

乳酸菌を1日に大量に摂取しても、何の問題もありません。腸内改善をするために必要となる乳酸菌の数は、1日にして約5,000億個から1兆個と言われています。
しかし、普通のヨーグルトを1つ食べたとしても、乳酸菌はおそよ100億個しか含まれていません。全く足りていないと言ってもいいくらいです。
それでもやはり、食べ過ぎて大丈夫かと心配になる人がいるかもしれませんが、心配無用です。
乳酸菌は胃酸で分解されてしまうので、なかなか腸内まで行き着くことができません。そこで腸内までより多くの乳酸菌を届けるには、大量に摂取することが必要になります。
そして乳酸菌は毎日便として排出されているため、大量に摂取しても何の心配もいらないのです。

乳酸菌のサプリメントは効果なしなのか?

主に腸内環境を整えてくれる効果があることで摂取することを薦められる乳酸菌。テレビの健康番組やCMでもよく目にしますよね。
ひとくちに乳酸菌と言っても、たくさんの種類があり、便秘解消や整腸だけでなく、美容やダイエットなど、その効果も様々です。
健康に気を使う方、特に女性としては積極的に摂りたい乳酸菌ですが、効率的に摂取するには、乳酸菌サプリメントがオススメです。
乳酸菌が含まれている食べ物として、よくヨーグルトがあげられますが、ヨーグルトを食べることで体内に入った乳酸菌は、そのほとんどが大腸に届く前に死滅しています。最近では「乳酸菌が生きて腸まで届く」を売りにしたプロバイオティクスヨーグルトなどもありますが、乳製品が苦手な方や体質的に合わない方もいますし、毎日欠かさず食べるのも意外と難しいものです。
そこでオススメなのが、手軽に乳酸菌を摂取できるサプリメントです。生きて腸まで届くタイプの乳酸菌が、一度に大量に、しかもサプリメントによっては数種類の乳酸菌を効率よく摂ることができます。持ち運びなどもしやすく、継続しやすいのもありがたいです。
様々な良い効果をもたらす乳酸菌は、毎日摂取しなければその効果を発揮できません。自分の目的に合ったサプリメントを選んで、無理なく続けましょう。

乳酸菌生産物質と酵素反応の関係は?

乳酸菌生産物質とは、乳酸菌が増殖する過程に出す分泌物です。
つまり、乳酸菌そのものではなく、その代謝物質です。
乳酸菌のもつ各種の効能は、菌そのものというよりも、その代謝物質に効果があります。
腸内細菌は、口から入ってきた食べ物や消化物を餌として、分裂・増殖するとともに、さまざまな酵素を放出し、その種類は300種類を上回るとさえいわれています。
腸内細菌の中でも、善玉菌によって放出される酵素こそが乳酸菌生産物質です。
乳酸菌生産物質は、菌ではなく酵素ですので問題なく、効率よく体内に吸収されます。
さらに体外で生成されたものですから、腸内の善玉菌の活性が鈍っても安定した状態の善玉菌分泌酵素を腸に送りこむことが出来ます。
乳酸菌生産物質は、腸まできちんと届くので、免疫機能に直接働きかけます。

乳酸菌生産物質で癌の予防ができる?

乳酸菌生産物質ががんに効果を発揮する働きとは、免疫力を高める、善玉菌を優勢にする、腸内の腐敗を抑える、腸のぜん動運動を促して便秘を防ぐです。

善玉菌を優勢にし、腸内の腐敗を抑えることで、発がん性物質の産生を抑制することができます。

悪玉菌の餌となるのがなんといってもタンパク質です。
悪玉菌によってタンパク質が分解されるとニトロソアミン、フェノール化合物、インドールなど腐敗物質がつくり出されます。
これらの腐敗物質は、発がん性物質として、がん遺伝子を刺激することになります。
高タンパク質、高脂肪、いずれの食事の場合でも、悪玉菌によって発がんのリスクがあがることは間違いありません。

腸内で発がん性物質をつくらないためには、高タンパク質、高脂肪の食事を控えて、悪玉菌を劣勢にし、善玉菌を優勢にしておくことが大切です。

美肌の食材といえば乳酸菌?

乳酸菌は体にいいということはなんとなく知っている、お腹の調子を整えてくれるんでしょ?という方!その通りなのですが、実は乳酸菌は女性の味方で美肌効果も期待できるのですよ。乳酸菌が腸に届くと腸内で活発に働き、老廃物を吸着して、体外に排出してくれます。つまり乳酸菌を摂取することは体内のデトックスなのです。腸内環境が悪いと、食べ物が腐敗して老廃物がたまり、栄養素をとっても老廃物が邪魔をして、栄養素を吸収することができません。また、血液もどろどろになり、酸素が体にまわらないので、動脈硬化や心筋梗塞などの病気をも引き起こします。病気まではいかなくても、お肌に栄養がまわらないので、吹き出物ができたり、くすんだりといいこと無しです。ですので、毎日乳酸菌を摂取して、綺麗なお肌と健康を手に入れましょう。

人には人の乳酸菌が必要なのか?

乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトや乳酸菌飲料をいくらたくさん飲んでも、これらの菌は、胃液などの酸に非常に弱いため、腸まで届くのはほんのわずかです。
乳酸菌飲料はそもそも、人の便から分離したビフィズス菌と乳酸菌を培養し、それを強化したものです。
しかも、腸内細菌は、宿主(当人)の年齢や菌の種類によって働きがまったく異なります。
乳酸菌飲料が腸に届いても、他人のビフィズス菌である以上、常在菌(宿主が生まれてから町内に住み着いてる各自の固有菌)以外の菌は棲みつくことが難しいため、通過菌としてすぐに体外に排泄されてしまいます。
したがって、腸内の善玉菌を増やすために、乳酸菌などを飲んで摂り入れる方法は、効率が悪いと言わざるを得ません。